• ホーム
  • 低用量ピルを服用中止すると妊娠可能になる

低用量ピルを服用中止すると妊娠可能になる

考えている女性

低用量ピルは妊娠を望まない世界中の女性に使用されている経口避妊薬です。
低用量ピルの避妊効果は100%近く確実といわれています。
低用量ピルがなぜ避妊効果が高いのかをしる為に成分や働きについてみていきましょう。

まず、成分ですが女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれています。
この黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌量が多くなると排卵を行うように脳の下垂体から卵巣に指示を出ます。
その結果排卵が行われ月経が始まり妊娠可能となります。
このような流れで通常の排卵が行われますが、低用量ピルを摂取することで女性ホルモンが分泌されたと脳下垂体に勘違いをさせます。
これによって排卵が行われないので妊娠をする可能性もなくなります。
つまり低用量ピルを服用することで卵巣を休ませて、排卵がおこらないようにしているのです。

服用中止すると再び黄体ホルモンや卵胞ホルモンが分泌されて、排卵が促されるようになり妊娠するようになります。
低用量ピルを服用中止してしばらくすると排卵がおこるようになり月経が始まるようになります。
低用量ピルを飲み始めた際に不正出血や吐き気が起こることがありますが次第に治まっていきます。

ピルの服用方法には2通りあります。

21日間毎日1錠ずつを決めた時間に服用します。
そして次の日から7日間薬の服用中止します。
その後また21日間薬を服用しまた服用を中止することを繰り返していく方法です。

もう一つの方法は薬の飲み忘れ防止の為に、服用中止期間である7日間にホルモン剤の含まれていない偽薬を飲む方法です。
低用量ピルは処方箋がないと購入する事が出来ないので、服用する際には医師と相談してから利用するようにしましょう。

関連記事
低用量ピル服用は飲み忘れ防止策を取ろう 2019年10月30日

低用量ピルは必ず決められた日数分を飲まなければいけません。毎日飲むことによって効果が出ます。これで妊娠する可能性を上げられたり逆に避妊に役立てる事ができるのです。しかしうっかり飲み忘れてしまう心配があるかと思います。もしも飲み忘れてしまいますと効果が出なくなる可能性もあるからです。そこで低用量ピルを...

低用量ピルを服用すると太るというのは本当なのか 2019年10月11日

低用量ピルというのは一昔前までは外国人が使うもので、日本人女性にはあまり馴染みがないものであるとの認識がありました。しかし21世紀の世の中では日本人女性も外国人女性に負けない位、低用量ピルのお世話になる人達が増えてきています。低用量ピルを服用するメリットが沢山ある為、最早日本人女性にとっても身近で手...